安芸和美のページ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「レ・ミゼラブル」のお話

<<   作成日時 : 2013/10/11 09:05   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

フェスティバルホールにレ・ミゼラブルを観に行ってきました。悲しげな旋律に、日本語の詞がマッチしてとても心地のよいミュージカルでした。ストーリを忘れている所が多くて、観劇の間ににやったスケッチをもとに、お話を思い出してみることにします。ジャンバルジャンを取り巻く6人の人をクローズアップしてみました。


@ミリエル司教
パンを一つ盗んだだけで19年間投獄され、やっとジャンバルジャンは出獄してくるが世間の風当たりはきつい。教会に行きミリエル司教から施しを受けるが、豪華な銀の食器を盗んで逃げる。が、憲兵に捕まり、食器をどこから盗んできたのだと問い詰められる。そこへミリエル司教がやってきて「君、食器のほかにこの銀の燭台もあげると言ったのに持っていかなかったんだね」と彼に燭台を与え、憲兵からも解放される。初めて愛に目覚めるジャンバルジャン。胸に押された囚人の焼き印が痛ましい。↓
画像



Aファンティーヌ
ジャンバルジャンは一念発起して、ガラス装飾品の工場を建てやがて市長にまでなる。その工場の一女工ファンティーヌが不当な扱いを受け、工場を追い出されたことを知り後悔する。彼女は預けた娘への仕送りを工面するため、髪の毛を売り、前歯を売り、港町の娼婦に落ちぶれている。ジャンバルジャンはそこから彼女を救い出すが時すでに遅し。病で死にゆく間際に「娘コゼットを助けてやってほしい」と頼まれる。彼は過去を公表し市長の職も辞し、再び私服警官ジャヴェールに追われる身となる。↓
画像



Bコゼット
ファンティーヌの娘コゼットはテナルディエ夫妻が経営する宿屋で暮らしている。夫妻の娘エポニーヌはコゼットとは同い年だが、綺麗に着飾り母親に寵愛されている。その娘とは反対に着る物はぼろぼろの喪服、下働きをさせられ しいたげられているコゼット。バケツの水をこぼし困っている所にジャンバルジャンが訪れ、100フランの借金だったが1500フランをテナルディエ夫妻に払い、クリスマスの夜にコゼットを奪還する。ときにコゼット8歳。 ↓
画像



Cマリユス
パリ郊外の邸宅に隠れ住むジャンバルジャンと純粋に美しく育ったコゼット。二人が公園を散歩する姿を見て、コゼットに恋心を抱く弁護士マリユス。そのマリユスに恋焦がれている女性エポニーヌは、彼のためにコゼットとの仲を取り持つが、幸せそうな二人を見てその胸中は穏やかではない。ジャンバルジャンはマリユスが革命集団ABC結社のリーダーだと知り、この恋には反対している。そして、エポニーヌとコゼットは8年前までテナルディエ家で一緒に暮らしていた同い年のお嬢様と下女。マリユスをめぐり、その事実を二人は全く知らないまま、パリの街は革命の嵐の真っただ中に入っていく。↓
画像



Dガヴローシュ
場所はフランス革命6月暴動のバリケード。マリユスと一緒にいたいエポニーヌは手に銃弾を受けてそれが元で命を落とす。死の間際マリユスの腕に抱かれ初めてのキスを受け昇天する。彼女には弟がおり名をガヴローシュ。浮浪児のように放蕩する13歳。デカタンスで哀愁を秘め自由を愛する少年はその頃のフランスの若者の象徴として描かれている。その日もシャンソンを歌いながら弾拾いをしていて2発の銃弾を受けて妖精のように舞いながら命を落とす。ジャンバルジャンも密かにバリケードに潜み、スパイとして潜入していた宿敵私服警官ジャヴェールの命を救い(彼はその後セーヌに身を投げ自殺する)、更に瀕死のマリユスを下水道にかくまい命を助けるが、そこで盗賊に落ちぶれているティナルディエ夫婦と遭遇する。↓
画像



Eテナルディエ夫妻
ユーゴーが一番邪悪で品性下劣な存在として描きたかった夫妻。しかし彼らの存在が狂言回しとなって話が膨らんでいく。パリで盗賊生活同然に暮らし息子と娘を革命の混乱で失いながらも成り上がっていく。狡猾にもコゼットとマリユスの結婚式に現れ、下水道で瀕死のマリユスの指から抜き取った指輪を買えと迫る。その話の中で、横にジャンバルジャンが寝ていたことを聞き、自分が戦火の中彼に助けられたのだと知り深く感謝する。ジャンバルジャンは自分の過去を全て話し、二人に看取られ天国のファンティーヌに導かれて仕合せに旅立つ、64歳。
個性豊かな面々が自分のレゾンデートル(存在意義)を求めて生きる様は、それぞれに神々しく光を放っている。何が善で何が悪かを斟酌するよりも、逆境や血や泥にまみれ喘ぎながらも、心の熱情の炎を死の瞬間まで燃やし続けることが「生の美しさ」なのだろうと思った。↓
画像


↓安芸和美ホームページもご覧ください↓
http://akikazumi.com/

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「レ・ミゼラブル」のお話 安芸和美のページ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる