百人一首より 秋の田の…

天智天皇の歌ったあまりにも有名な秋の情景の一首

秋の田の刈り穂の庵の苫をあらみわが衣手は露にぬれつつ

田んぼの中の掘っ立て小屋の屋根の隙間からは秋の蒼天が見えていたでしょう。
あぜ道には竜胆の花も色を添えて。
大きく広がる黄金色は秋のこの上もない癒しの色です。

画像

"百人一首より 秋の田の…" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント