天王寺の7坂+2坂を行く

上町台地は西に険しく東はなだらか。西側はほんとに崖っぷち!! なぜかというと西側は最近(縄文時代)まで海だったんですものです。北から南下、全ての坂を網羅しました。
A0024AD6-58AE-438F-BAC4-9FD9CAD5B526.jpeg

高津宮の坂、一番初めに行った北上している道。名前は付いていないのかな?ここは一旦下がってから上がるこの坂。どんな崖っぷち体験ができるのだろうかと…興味津々。高津宮の西側の崖っぷちのジグザグ坂は三下り半の坂と言われ、縁切り坂とも言われてます。(そこはまだ描いていません。)
AFA9A8D9-8FCE-48F2-A3C6-8A9A8A7F12F9.jpeg

旧社格は官幣大社の「生國魂神社」の境内には沢山の小社があります。その中の1つ鴫野神社は「みいさん(蛇)の社」。かつてはここに蛇を奉納する人が多く、裏の塚の木は蛇だらけだったとか…。女が昔、蛇の鱗模様の長襦袢を着るのは、外敵から守る為、もう1つは女の業を封じ込める為。社の横は崖っぷち。日本人の精神性の高さを感じさせられる社でした。
F60A5B9A-C86B-4663-BFC9-785B9B4EA3B6.jpeg

口縄(くちなわ)坂。くちなわとは蛇のことで、昔は蛇のように曲がりくねった坂道だったようです。この付近には文人たちが多く住み、情緒ある名前がつけられています。今は綺麗な石段で整備されていますが、かつてはこんなだったのかと、想像を巡らせてちょっと蛇のように描いてみました。
E6F61A4C-CC0E-4A81-BD9C-3FEBA86B3960.jpeg

坂道の石組を見ているとどこも凝っていて、管理もよくされています。寺や社の中はともかく、大阪の情緒ある風景には税金の力も投入されている様子。真田幸村ブームからこっち、パワースポットブームもあいまって、訪れる人も多いようです。
AA11D948-20FC-4CE7-AB24-5CF5782F8093.jpeg

"天王寺の7坂+2坂を行く" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント