淡竹(はちく)

画像
筍の時期が終わり、初夏になってくると、細い筍が美味しい時期になります。
淡竹でハチクと読みます。そのままアワダケともいうそうです。
もちろん破竹の勢いのその破竹ですし、呉竹というのもこの竹です。
においが独特で、食感がよくて、夏の香りが好きです。
八百屋さんの店頭で出会ったら一度ご賞味あれ。

世尊院

画像
二年前、奈良公園の中にあるお寺の遺構で展覧会をしました。ちょうど今頃、緑に包まれたお庭の向こうには、奈良県庁公舎が見えました。

しっとりとした涼しい屋内と新緑の風景、あの季節が巡ってきました。
また近いうちに奈良公園の散歩にでも出かけましょう。

ほととぎす

画像
初秋の庭を飾る茶花
檜垣袖の向こうから覗いていたりなんかすると何とも素適
風雅な時間が流れます

初夏

菫と苺のやさしい取り合わせです。初夏のテーブルで花と果物がなにか囁きあって楽しんでいるように思えて、作品にしました。
画像

やすらぎ

画像

初夏に咲く雛芥子(ひなげし)です。風にゆらゆら揺られて可憐に華やかに咲きます。花の終わった芥子坊主まで可愛くて、眺めていると時間を忘れてしまいそうです。

無音

夏休みの昼下がり、金魚のしっぽがふわふわと搖れ、あぶくがぽかんと浮かび上がってきます。あぁ、少しお昼寝でもしよう。誰にでもある穏やかな記憶です。
11cm×14cm
画像

作品 「晩夏」

画像


黄色と紫色は補色の関係だって、学校で習いました。補色は強く愛し合いながらも憎み合う男女のようです。もう夏なんてうんざりと思いながら、去ってゆく夏に未練たらたらで…そんな思いを込めて描いてみました。

11㎝×15cm クレスタ紙 ガッシュ

作品 「招き猫」

画像


私の千社札変わりの絵葉書です。お友達にあげたり、飲食したお店の方に差し上げたり…私がすっかり忘れていた思わぬ所に居たりして、驚かされる事もあります。

11㎝×15cm クレスタ紙 ガッシュと色鉛筆

作品 「幻想の秋」

画像


初秋の森を歩くと、柔らかい緑の栗のイガが出迎えてくれます。ハッと目を引く美しくも怪しいアケビの実、名も知らない可愛い赤い実。そんな秋を集めて楽しんでいると、どこかからパンプキンパイを焼く香ばしい匂いが漂ってきます。

40cm×30cm ワトソン紙 ガッシュと色鉛筆

作品 「風船の木」

画像

夜に浮かぶやさしい木。ふわふわと風に吹かれて歌うように立っていました。大地のぬくもりを伝えながら、月と楽しく語らっている…小夜曲という言葉がふさわしいかもしれません。

パネル50cm×70cm 絹まわた紬 蝋纈染 

作品 「はるかなる思い」

画像

冬の奈良公園に行きました。奥にはまだ原生林が残っていて、樹々が重なり合い、清澄で幻想的な風景でした。

四曲屏風160㎝×85㎝ 絹まわた紬 ろうけつ染め 酸性染料